読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TABINIKKI

コガワのフィールドワーク日記。

チェンマイへ。

旅の記録

バンコクは都会。

ヨシエに荷物を預かってもらい、チェンマイへ。


ドンムアン空港で前に並んでた人が、2人組アーティストらしく、うちわ持った若い女子達がキャーキャー行っててサインしてた。

TOM❤︎と、うちわに書いていた。

外見はヒップホップ系。


チェンマイ空港では、出口でたら、K-ポップ的なアイドルが黒塗りのバスに乗り込むところで、またもや追っかけがツアーパンフと見られるものにサインをねだっていた。

細くて背が高い。




で、その横をすり抜けたら、次は護衛車が前後3台で物々しい雰囲気。
黒塗りの高級車から出てきたのは小柄な女性。

出てきたら見た人みんな礼してた。

黒づくめだったので、おそらく国王の家族なのかもしれない。


そんなのを連続して見たので、同じ人間なのに、その人の為にたくさんの人が動き、影響されたりする、これって何だろう。

と不思議でたまらなくなる。笑

先祖霊が……ガルマが……。



チェンマイ

マーベルの敵みたいでしょ?

このバッグ、やたら見る。

anello。
オーストラリアでもチラホラ。

2005年にできたブランドらしく、12年かかって広まってるのか。



KANKENバッグも日本で異常に流行ってたよねぇ?今はどーなの?


宿。タクシーでここに向かう間に予約する。
Booking.comは見易く、最高です。


部屋アップグレードしてくれた。ありがとう!



ここの宿が、中心地から2km離れているので、

近くのマーケットが完全ローカルでした!

うっへぇぇぇ




ガパオ。


テイクアウト。

洗濯して帰宅。

3日目終了。

タイ王国2日目。

旅の記録

胃が落ち着くまでゆったり。

12時から行動開始。

Sam Yam 駅からとりあえず、ワットポーまで歩く。

暑い。あとで調べたら38度あった。

どうりで歩いてる人がいない。

途中でライム搾りジュースをば。20バーツ。
約60円。


チャイナタウンのような場所。


………


タイ人、怒ってる人いない。

マーケットによるが、基本、買え買え言ってこない。(チェンマイの観光のホットスポットはある。)

でも、売買する時は、丁寧、速い。

おつりもしっかり返してくれる。誠実。

微笑み!は言われるほどないけど、優しいね。


物価が安い。


なるほど、外こもり、というワードが出てくるのがわかる。

あーだこーだ言ってこないしね。


王宮行った。

セキュリティが厳しかった。

王様が逝去されたということで、慰問客がたくさん。

軍事政権というが、比較対象がないので、わからない。

王宮なので物々しいのか、逝去されたから物々しいのか。



……


アンユージュアルな博物館行ってきた。

Museum of death とか言われてる。

グロデスク。

病院内にあります。

日本じゃみられません!

……

チャオプラヤ川を渡る。

で、ヨシエがバンコクいるらしいので、召喚。

女の子が脱いで◯◯する通りと、男の子が◯◯する通りを教えてもらう。

ここくると、魅惑の街という言葉が似合う。




彼女はタイ料理苦手なので、とんかつ屋へ。

開店すぐ、満席になった。

ヨシエと別れて、1時間のマッサージ。

体重ではなく、指の力を使うパターンか。

それでもコップンカー。