TABINIKKI

コガワジュンペイのフィールドワーク日記。

夜のピクニック

西表島に来てはじめて、夜に出かけました!

悪天候の日と夜は人間が出る時間帯ではねぇヅラ!

とは基本的に思いつつ、やはり、何事もケイケン。


イリオモテヤマネコを見つけにGO!



開始3分でみつけました!爆


チョンと座っていました。


ライトのせいか、全身シルバーに見えた。

ただのネコかと思ってたけど、ちょっと違う雰囲気あった気がする。孤高。

昭和のいぶし銀女優感。


同行のY氏がカメラ準備にアタフタした次の瞬間にはいなくなってました。

案内してくれたY氏は、頻繁に探すも、不発の中
、4ヶ月ぶりの発見だったらしくものすごく興奮していた。


「すごいですよ!

紅白のトリをはじめに見ちゃった感じですよ!」


そうかぁ、いきなり幸子ねぇ。。安室ちゃん?


……



夜のドライブ。


オーストラリアの道路には、カンガルー。


こちらの道路には、カニが多数横切っております。。


バリバリいっちゃいそう。

なので、避けながら運転です。。



で!

一際目立つ影。



きた!



ヤシガニくん!

カッコいい!


この形、誰が決めたんだろう。。


SF見過ぎで、


このカッコよさを正面から受け止めきれてないのかもしれない。


スターシップトゥルパーズやら、
プレデターやら、
リドリースコット作品やら、
成田享一氏のキャラデザインが、

私の目を覆っているのよ!

それはそれで好きだけど。


でも、胸はときめいているジャストナウ!


触覚とか目とか脚とか、動きが精密。。
細やか。


車に轢かれたらアレなので、戦闘モードにさせちゃいながらも、足で草陰に追いやりました。


ヤシガニよ、永遠に。


で、その後、ヤマネコフィーバーは、ど頭がピークだったらしく、ハントはおしまいに。


星空観察!


なんたらかんちゃらという星空観察スポットに!

見上げると、天の河🌌



何もみえないけど、iPhoneで撮った星空。笑


オーストラリアはダーウィンの星空も凄かったけど、こちらも負けてない。

ダーウィンの星空は緑がかってたかなぁ。



仰向けで、星空、流れ星をみる。

じっくり観るとキラキラしている。


子どもの頃はこのキラキラに、感動して、何度も同じ個所をみていた気持ちが蘇る。

クリスマスの電飾にも同じことを見出していたぴゅあなきもち❤️w


おいしーコーヒーがあればライフイズOK!と思ってたけど、


おかしーよ。この星が一つ一つ浮いてるなんて。

そもそも、自然にはこんな、まだ知らないことがあるのに、

それに触れずして、時を過ごすのはもったいなーい!


と思ってしまった。



大人としてのサラリーマン活動と、この、


そもそも、そもそも、生きている地球の摂理が一致した何か、

アウフヘーベン、あうふへーべん、したものを(by 小池百合子氏)

他の人にもわかりやすく目に見えるような3次元的活動をしていきたいと思った。


縄文時代の生活がベストなんだろうけど、今は早すぎるので……



よし、とりあえず、英語だ。?



ライト照らすとあちこちに。




目をワイパーみたいな触手で、きれいにしてた。

カニ、ってかわいい。

意思を感じる。


もう、食べれないw

気がする

腹でわかっていることを記録。


僕の奥底でわかっていること。


どうあがいても通らなきゃいけないこと。


それ考えても不安にならないようなこと、


不安になるくらいの軽いものでもないこと。



35歳までは、まだ暑いアジアの国を学ぶはず。


あのゴリゴリした、ゴシック建築はお預けかー!!
と思うのだが。

ジェロニモ修道院にまた行きたい。
で3日で宗教建築見るのお腹いっぱいになりたい。。


季節逆転のオーストラリアにはじまり、もーずっと夏を過ごしている。

暑いのも充分かとは思うのだが、

次はスコールみたいな気候に慣れる必要がある→今。



それまでに身体を整えてー、


寒いヨーロッパに入る。

寒い地には寒い地の、鋭い知恵がある。

気高くて、トゲのある知恵。

昔はそれと引き換えに命が捧げられたような知恵。


その先は、わからなーい


考えるけど、頭で考えちゃう。

腹ではわかってない。




余談だが、

耳の裏も参考になる。


耳って、音聴く意外にも働きあるよね?


耳のナナメ後ろ感、使うことが多い。




身体のどっか、必要な場所を意識すると、ため息が出始める。

しばらくすると、身体が地に着く感覚まで変わる。

そうすると、余分な気が出て、余白ができる。


余白の分、入ってくる。


また出す。あるいは出る。


これが循環すると健康なはず。


意識しすぎると、それ自体、障害になる。




道路に、カニ!デカいのよこれが。


そこに居たら車にひかれるよ!


って言っても、仁王立ち。


しばらくして、再び遠くから眺めたら、


草場にサッサと入っていった!Yass