TABINIKKI

Wo ein Wille ist, ist auch ein Weg.

対話

石垣から戻って、身体が戻るまで4日かかった。

食べ物(多分、小麦と砂糖)と、チリ?ゴミ?花粉?ある?コンクリートジャングルと車の音で、数日ずっと、身体が過敏な感じであった。

石垣は自然が多い場所もあるが、車でわざわざそこに行かない限りは、他の離島のハブ港だけあって、物質面では便利なのです。

だから、埼玉っぽさというか、なんでも揃っちゃう、そんなとこがあります。
大型スーパー、パチンコ、チェーン店の飲食、ホームセンター、ドラッグストア、100均。

さっさと用済ませてさっさと帰らないとおかしなことになります。笑😅

いろんな電波がオーラ内にごちゃごちゃ入ってきて出て行くみたいな。。笑

それにあわせて、食べ物を足しちゃう!みたいな。引き算しちゃうと'持ってかれる'から。


でも、

西表島戻って復活!

植物と動物に助けられてます。

動物の動きが、何でもないんだけど、完璧なんだと思う。

今日は道路のど真ん中で手のひら大の亀が5匹会議してた。

鳥が電線からこっちを見てたりする。

鳴き声が鳥によってずぇんずぇん違う。

けっこう感動する。

朝見た昆虫が夕方になってもずっと同じ場所にいるし。

僕は時間の過ぎる感覚が年々早く感じるようになってきたから、よりスマートな使い方を考えてるんだけれど、

動物に習えば、その時の決まった完璧な動きを迷わずそのまましていればいいだけ、時間は結果論にすぎない気がする。

いろんなことが、網の目状に繋がっている、それに合わせて踊ればいいだけ。

タペストリーとか言いますけど。

それはそう思います。

天気にも恵まれます。

それでハイになったりもしません。

とにかく、答えは自分のそばで必ずみつかります。

それは、霊的なものに限ったものではなく、むしろ、人間関係についてです。

醍醐味です。この地球人間生活の。

1番身近な所にあります!

自分から変わっていく勇気をば。

ゴルフ外交

安倍さんと、トランプさん3時間ゴルフしたみたい。

批判が出てるみたいだけど、2人きりで話できるし、むしろ身体動かしてた方が閃きがあったり頭が回ることが多いので、

結果的に生産的な時間の過ごし方になると思う。



アメリカだと、ジムで汗かきながらミーティングしたり、

他国では、ブッシュウォークしながら話を詰めることも多いみたい。

サウナ外交とかもあるよね。


遊びの延長に仕事がある、みたいなことありますけど、気持ちが砕けたところで腹を割る、ことを再現したものかもしれません。

同じ「ラジオの周波数」に合わせるのが最優先でございます。