TABINIKKI

コガワジュンペイのフィールドワーク日記。

都市についてから定着するまでの記録

忘備録。次々追記していく。

パース到着。7/3

1週目で家見つける(7日ホテル滞在)

2週目で仕事見つかる。

3週目 無給でトレーニング

4週目 無給でトレーニング

5週目 無給でトレーニング

6週目 稼ぎ始める

7週目 給料頂く◀︎今ここ

金銭的安定までは仕事選ばなければ1カ月あれば余裕ができると思う。

最初に泊まったホテルは居心地よくてダラダラ。シティど真ん中。図書館ブラブラ。

街を歩きたおして、住んでみたい場所探し。
East perth か West perthに住みたいなと心のロックオン。

その場所を記録して、それを元に、日豪プレスとGumtreeで部屋探し。

条件は
・オウンルーム(個室)
・街の中心にすぐ行ける
・自然が多い、静か

Gum treeは英語。こちらの賃貸事情しらないから、ハードル高いと思い、日豪プレスor 日本語サイトに絞って探索。

その中で、2件を内見依頼。
内見までは、履歴書づくりと仕事探し。

2パターンつくる。

ピラティス、ヨガ、ダンスイントラ用(自分の経験を生かす。しかし、英語の壁。)
・マッサージ仕事用(他の国に行った時働きやすい。やってみたかった仕事の1つ。)
ハウスキーパー用(現実)

ジャパレスは最後の砦。
皿すぐ割るからさけたい。
正直ずええええええったいやりたくない。異国の地で日本語通じるなんて!!(・・・・・ねえ)

シンプルにしろ!とどこのサイトでも書いていたので、仕事に関係ない職歴(アルバイト歴)は削除。
シンプルすぎて不安になるくらい。

関係なさそうなことも関係あるかのように書く。笑 経験浅いことも、1番先にリストアップ。

配る。話す人もいないし、メンタルがアレで1日8枚配るので精一杯。
二件目のホテルが暖房ない!

夜は寒いし気分が落ちるので、お酒飲んで寝ることをやってみていた。笑

ワーホリビザでも働ける場所を、聞いて(ホテルのコンシェルジェに)、それに搾って配った。
結果、わりと電話連絡くる。4件。
同期は200件配っていた。。。

そのうちの1番連絡が早かった(配って1時間後!)マッサージ屋で面接。
2日考えて、お世話になることに。

冬は仕事がないという情報があるけど、
春になって忙しくなる前に、じっくり育ててもらえる時期とも言えます。

あと、ワーホリで来てる人けっこういるので、それぞれのタイミングで帰国する人もいるわけだから、人員に穴があいたところにハマればいいわけです。

ということで、街をみても何も情報はないけど、門をたたくとなにかしらでてくる、のでした。

あとになってきくと、

「あんた珍しいねー」と思われていたらしい。

なぜなら、中国人、台湾人、韓国人は友達の紹介でくるのがほとんどだから。

うん、とにかく、つながりがすごい。

逆に、全く新しい、自分が興味あるとこに応募とか、インタビューには興味ない感じであった。

だから台湾人の友人たちは友人づての情報(仕事)がないと、次の都市に移動しないのであった。今もファーム仕事中。

裸一貫バンザイ!ってことで。
そう、この旅は「嗅覚」を養う旅なのだ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村