TABINIKKI

コガワのフィールドワーク日記。

雑記 〜充電のススメ〜

ジム初日。

久しぶりの疲労感。

これこれ。
身体を使って頭をやすませる。

マシンだけやると筋肉硬くなるし、骨に悪そうだから、その後ヨガ受けました。
男子少なし。
ゴリゴリ男子との違いはここか。笑

しかし、ヨガ、これだわ。

ギッチギチした分、緩まる。

ヨガの先生がインド人。女性。インド人の英語きくと、落ち着く。笑

なんだかインドでトレーニング受けてる気分に。インドアゲイン。悪くない。

立ちから床に寝転ぶときも、しなやかに、ポーズとポーズの間の移動が大事だわ!

なんて1人妄想やってたらコンテンポラリーも踊りたいなぁと。笑

やっぱり身体動かすのは好きだなぁ。

学生時代は、スポーツ音痴で体育が苦手で本当に胃がおかしくなってたけど、今こうして地味に楽しみみつけられて良かったなと。

球技のバカヤロウ!
(飛び道具なんてコントロールできない)
モテそうなスポーツはことごとくだめでした。
野球、サッカー、バスケ。うぇぇ。

マシだったのは、スキー、マラソン。

学生時代は毎日葬式だった。

小学1年生のとき、6年生が卒業するのをみて、あと5年もここにいなきゃいけないのかと絶望したのを覚えている。

大きな声もこわかったし、
朝にみんな整列して校庭に集まるのもこわかったし、大量の人がこわかった。

そこから開放されてよかったなと思う。

でも、今だにこわい。「普通」が。

がしかし、あとから考えると、物の見方や考え方を増やしたり、他人と共有したりするのに、学校で使う勉強が基礎になっていることに気づいたの。

ということで、30になって数学をおさらいしてみたりした。
そんな感じで家庭教師の仕事が舞い込んだりして。

それを知らないまま、勉強させられてた。
僕の性格からすると、目的と、その先が見えたらがんばれるタイプ。

だって高校卒業まで12年も勉強するわけでしょ。
モチベーションが下がるだろ。。

幼くてもわかることはあると思うな。
人それぞれの時もある。それは個別に。

だから人に教えるときは、目的を伝えたり、伝えなかったりしている。

振付のとき、伝えたことをそのままやれちゃう子が輝いたりする。

松浦亜弥さんとかすごいなと思う(個人的見解)。

一方でなんか違う、と思いながら、我慢して、或いは悩みながら自分なりに昇華して演る方もいて。そういう方の表現が好き。

中森明菜さんとかYUIさんとか前田敦子さんとか元E-girlsの武藤さんとか市來さんとか(個人的見解)。ザ・ピーナッツは神。

なんか、好きな人、体調崩したり卒業、脱退するんだよね。。笑

辞めないで10周年くらいのときに輝いてくる選択肢もあるかもしれないよね。
道重さゆみさんとかそんな気がした。

必ずそうなるかはわからないけれど。

ダンサーとして僕はもちろん、後者である。笑

なので、カンパニーいたときは非常に悩んだ。
振付、振付、振付。覚えるだけ。
キタ!出る!みたいな。

シーンの意味とか考えちゃって、死んだ。笑
で、辞めた。

若い時は踊れることが楽しくてガシガシ踊ったんだけど。なんか違うと思っちゃった。

これがあって自分の性格というかタイプがわかったように思う。

充電期間が多い。
自分が壊れそうなとき、全力で嫌!を現す。笑

ということで今オーストラリアにいる。

人に伝えるにはいろんな経験が必要なのである。

最後に、これ、全てがここにつまっている。

Berryz工房『1億3千万総ダイエット王国』Berryz Kobo[130 million Diet-minded Country]) (MV) - YouTube

今だに感動してるし、毎日1回は聴いてる。

こんな奇跡はもうないね。

なんだったのか、ベリーズ工房。恐ろしい。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村