TABINIKKI

コガワのフィールドワーク日記。

DECADANCE PERTH 2016

というパフォーマンスを観てきた。

イスラエルのバッドシェバ舞踊団のオハドナハリンの振付作品をオーストラリアのコンテンポラリーカンパニーが踊ったものである。

前日にはGAGA(身体を解放するボディワークメソッドみたいなもの。お調べ下さい…)も開催されていたのですが、逃しました。爆

日本にいた時にバッドシェバに入りたくてイスラエルまで行った(行けるの⁈)知り合いがいて、GAGAやらバッドシェバについて力説されていたのですが、まさか、ここパースでみることになるとは。不思議。

一緒に行った同僚のレイチェルは彼の作品のファンで非常に興奮しておりました。

私は、ピナバウシュの「春の祭典」がみたくなったので家に帰って動画みました。謎。

ダンサーは関節がすばらしく動いていました。
動きすぎて、変にみえたりしたけど、自分が経験したことないので、また自分の身体がわかると、見え方は変わるのかな。

カーテンコールのダンサーの素の表情に一番グッときたかも。

兎に角、フレッシュなエネルギーをあびました。

週末のシティでは、オーストラリアのみなさん、オシャレしてバーに出かけるのですが、シアターはさらにオシャレに磨きかかってて、チャーリーとチョコレート工場みたいになってたよ。でも違和感ないからすごいわ。身長高いからかな。

レイチェルは韓国でバレエ団に所属しており、ビザがきれたらドイツに渡る予定。ピナバウシュのヴッパタール舞踊団のオーディションを受けます。
たまに私にバーレッスンをつけてくれます。
南無。。

僕は、どうしよう。爆
ドイツかオランダはさんでアイスランドの予定。つてなし。Let's see what happen.

刺激もらって、とりあえず、明日からまたトレーニング!

と思っていたら、風邪ひきました。のどいてぇぇぇ
貴重な休みはベッドの上です。泣

風邪でもひかなきゃ、家にいることまないのでLazy dayを楽しむことにします。