TABINIKKI

コガワのフィールドワーク日記。

お別れ

パース来て4ヶ月。

まだまだ新参者ですが、ここで出会った友人とお別れすることも増えてきた。

職場の同期カップルの台湾人は突然仕事辞めちゃいました。
みんな中国語で話すので、辞めた本当の理由は大分あとになって知ることに。

で、ベテラン女子1人去り。

日本の職場とは違うわな。
3ヶ月前に通達とかなく、次の日にはいない。
バイバーイなんて言って、次の日にはいない。


そしてまた、遊び友達の日本人男子、先週に去りました。
1年でオーストラリアはお腹いっぱいだってさー。ローカルフード好きの彼は次は台湾行くようです。

で、最近知り合った台湾人の男子も、
パースきて1ヶ月も経たないうちに、

「計画変更!日本旅行してメルボルンに住みまーす。」

だってさ。ということで、日本人男子と同じ日に、去りました。

この2週で4人ね。

で、E-girlsのErie氏辞めちゃうやん。
好きな人辞めてく。笑
ライディーンでセンターなった時は狂喜乱舞したよ。おいおいErieまだかまだかと。

メジャーな曲2.3曲リリースの隙間で、こーゆー方をメインにした曲を出してゆくべきなんすよ。アルバム先行曲でいいから。

橋本ななみんもそうだけど、そーいった貴重な人をそのまま守っていくことできたら、日本の音楽も、芸術の域だぁぁ。
(あくまで個人的な意見です。)


おっと、話それたや。


さよならだけが人生だ、なんて自分が日本出るときはひょうひょうと使ってましたけど。


去り際に遭遇すると、ここにいる理由をあらためて考えますし、さらに気を新たにする機会になりやす。

わりと、ワーホリメーカーのみなさん、さらさらと移動していくんで。

20代前半だと、わたしも、おそらく、ボルン(メルボルン)に行ったと思いやす。

都会は、トーキョーで十分マン喫したんで、パースだす。

ただ、ショービズの仕事だら、やっぱりシドニーだぁぁぁって、こっそり思いながらジムトレの日々っす。

レイチェルは、3ヶ月で、ドイツ行っちゃうんだぁぁぁ。

わたしは、どーっすっぺ。
週に6日働いてると、考えますね。笑
まさが外国きてこしたはだらぐどはおもってもみねがったぁぁぁ。
収入あるごだぁ、ありがでぇげんどもよ。

本モリモリ読んで、毎日、生活に挑んでますけど。私なりに。

セカンドビザのファームのタイミングで、パース出るか。

ビザ取りのために1ヶ月休みもらって、またこの職場にカムバック、セカンドイヤーでお金と語学に集中するか。

それかファーストの終わりで、ドイツ行っちゃうか。

という選択肢を放っておいておる。


まずは、クリスマス前に、ここのウチを出なくてはならぬ。契約上。(オージーのハウスメイトが過去の同居人の日本人と結婚して、日本行っちゃうのねん!)

次の場所を探るべく、気になる土地を歩き回ってるとこ。スビアコかな。それかまたキングスパーク辺り。

スローペースだけど、行動あるのみ。

また、フジ子・ヘミングさんの曲に助けられている!

公園きている。
なぜかここはフランスを思い出す。
ル・アーヴルね!また行きたい!