TABINIKKI

Wo ein Wille ist, ist auch ein Weg.

貧富の差

道歩けばホームレス、いますし、

 

職場は金持ち向けのショップなので、

 

そのコントラストが、記憶に鮮明なので記す。

 

 

 

 

金持ちって余裕がある。微笑み。

 

そしてその子どももその空気を受け継いでる。

 

ストレスない感じ?(ねたみじゃなくw)

 

細胞にストレスかかってないと思う。

 

 

で、ホームレスは、小銭くれるのを、待ってる。

様々だけど、

 

わりと段ボールに書いてるのね。プロフィールを。

 

「ハイ!自分は誰々で、こーなっちゃってホームレスに。。。

でも訳あって実家には帰れないんだ・・・・。

希望はある!だって、君たちがきっと小銭をめぐんでくれるから!」

 

とか・・・苦笑

 

今日は、段ボールにでっかく!

「仕事探している!なんでもします!やる気ある!……(省略)」

 

って書いて、寝てるホームレスをみた。。。

 

Excuse me?お金くれない?と、寄ってくる方もいらっしゃる。

 

ホームレスじゃないのに、電車賃くれ、って寄ってくる若者(男女関係なく)もいる。

本当にあげたくない。本当に。

 

あと、巨漢が、「お昼ご飯買えないくらいビンボーなんだー、5ドルあればあのクッキーかえるんだよ。だからお金ちょうだい 泣」って泣きついてきたことも。

どの腹が言ってんだよ。って。

巨漢にクッキー。

 

(もう1件泣きついて手に入れろよテメエ、ってことで、2.5ドルあげた。泣きつき方が尋常じゃなく、職場に変な被害被りかねないってのもあった。)

 

わりと、メルボルンはお金を困った人におすそ分けする習慣、空気みたいなのが、流れている。ツーリストが多いのもあるかもしれん。

ストリートパフォーマンスも多いから、路上滞在者と、通行人の垣根があまりないような気がします。

 

で、あげた人と、ホームレスで会話したり。

わりと爽やかな場面もある。

 

悲壮感漂ってないのが、良いところだね!

 

お金が巡り巡ってる気がして、それ以来

盲導犬募金、孤児募金、教会維持費とかに小銭を入れることが多くなった。

 

最近は大きな駅の改札前に陣取って、ビッグイシュー売っている、障がい者がいらした。

車椅子に載せたアンプから爆音流して注目集めてた。

カッコイイ。

 

タバコ持ってるか?ってギャングの卵みたいなのが一番面倒。

そーりー!サンキュー!とか言ってかわすか、

 

それでも面倒くさそうなら、

「Unfortunately,I don't smoke.Sorry mate!」

つって、あげたいんだけど、ないんだよね、ブラザー!的に仲間意識もってかわす。

 

反対車線から俺を見つけた2人組が、あいつだ!つって、スケボーで一直線に向かってきた時は、ちょっと、持ってたビール瓶握ったよね。w

 

南米を思い出したよ。(ベネズエラ)

南米、地域によって非常に危ないです。こんな勢いで殺されかねないから。身につけるものは最小限で、髪ボサボサヒゲ面など、きったねー格好をお勧めします。

 

で、歩き方も胸はって視線を遠くにスタスタあるくか、時によたよた、ローカルに溶け込むかします。

 

歩き方って重要だと思う。

 

 

先日、5つ星ホテルに行ってきた。

 

エレベーターに乗った。

 

挨拶は柔和。謙虚。先を譲るのが当たり前、

 

なので、譲り合いになっていた。笑

 

そして、私は、一番奥にいたにもかかわらず、もたもたするなら先に出るよ!

 

ととっさに足が前に出ようとしていた自分を恥じたのでしたw

 

 おすまい。