TABINIKKI

コガワのフィールドワーク日記。

ジャスティン。

といえば、ティンバーレイク世代なんですけど、

オスカーのパフォーマンスでも最近のツアーでもそうだったのだが、


踊ってほしい!!爆


どしたの?フェイクと、ヘーイ!メクサムノーイズ!の応酬。

フェイクもやっていいから、

ニゾンとかきっかけはバッチリ決めて!頼む。



ビヨンセに惹きつけられるのはなぜか考えていたのだけど、

パフォーマンスに忠実なところ、なんだろう。

ダンサーも毅然としてるよな。

分身みたいな感じ。


……


で、ジャスティンといえばビーバー。


お昼に来てた。友人撮影。

(注:情報訂正しました!10日(金)にエディハドスタジアムでライブがあったそうです!)


ディビットジョーンズに来てたとか。


どっかで本人が「檻の中の動物じゃねーんだから(撮影やめて)」って言ってたのがよくわかります。


他にブリスベン、その次はスィドニーでライブ。パースもあったはず。


ビーバーさん。

ライブ。

登場してキャー!

ささっと踊ってキャー!

雨浴びて(演出)キャー!

脱いでキャー!

立ち止まってキャー!

振り返ってキャー!

しゃがんでキャー!

アドリブ?多め。

あんまりユニゾン気にしてないみたいな。

ダンサーの気持ち←


とか言ってワシもパソコンの前でキャーキャー言ってるんですよ。

オーディエンスと一緒に合唱もするのだ。爆

英語の勉強←