TABINIKKI

コガワジュンペイのフィールドワーク日記。

ノンフィクション

ノンフィクションが好きなんだけど、

みすぎると「もってかれる」ので、

みたい時にみていたのだけど、


もはや、ノンフィクションものしか観れなくなってしまいました。


かつてシリアスなものはまだ観れていたので、


先日、海外ドラマのハウスオブカードとか、借りてみましたが、途中で辞めました。

ヒーローズがリボーンしたので、観ましたが、途中で辞めました。


英会話の練習としてみているフレンズは観れています。


コメディなので気軽にみれるのに、

知らない言い回しが出ると焦る。

みたいな変なプレッシャーを感じます。笑



ある時から、小説も全く読めないのです。

小さい頃からほとんどのジブリ作品も最後まで観れません。
(もののけ姫はみれました。)

ディズニーも勿論みれません。

今テレビで観れるのはザ・ノンフィクションか、NHKニュース、アーカイブス、クロ現です。家族に乾杯も。


友だちから貰った小説、

リアルなのでノンフィクションだと思って楽しく読んでいたのですが、フィクションである事を知ると、読む手が止まりました。チーン。


多分、本当にあったこと、ということが、自分の脳にとってご褒美物質が分泌されるのかもしれません。


いろいろ座って想像するより、


何かまずは手を動かすことに喜びと謎の焦りを同時に感じています。


ガラスの30代。



山がこう、1つポンと突き出ていると、

やはり、あ!って思うよね。


ジム行ってくる!