青森の自然。

小さい頃からずぅっと遊んできた川です。

1人で黙々とゴミ拾いもしてた。


故郷を出てから、いろんな所の川をみることになったから、今はここは綺麗な方なんだと思う。

当時は工場排水も普通に流れてたから、
今は以前よりもまして綺麗なのかもしれない。



昔のように、小川の水が飲めるようにならないかしら、スイカを冷やしたり、洗濯できないかしら。

そうなったら心が晴れます。


うちの水はまだおいしい井戸水です。

感謝してます。



水を綺麗にする。

どっから手をつけていいかわからない。

マジカルバナナ的に辿るんだけど、

最後は、自分を見つめることに辿り着く。

だから、走る。



友だちと、あじゃら高原という、青森の山に行った。夜。少し、夜景が見える。

ここは、15年以上振りである。

よくスキーをしに来ていた。



青森の自然は、怖い。

畏怖の念が湧いてくる。

人を寄せ付けない何かを感じる。




青森と秋田の県境の山頂にて、

空は近く、月の灯りも近く、風は雲と混ざり合って強く吹く。


寒い。


何だかすごい大きなものに見られている気分になった。


謝りたい気分になった。


友人は、「ここは業の雪が降るんですよ」


と言った。


ごう?


ごうって、業、だそうです。


うん。


そんな気がした。


、、、え?


業、ですか。



なんだか近代文学的な自意識が湧いてくる
地元。


太宰のせいだよ。



こぎん刺し。


かっこいい。


非売品てとこがニクいね。