TABINIKKI

コガワのフィールドワーク日記。

肥ってきたので、ジム通いを1日置きにしている。

車もチャリも苦手なので、徒歩。

たまに文明の力を使うと、すげーや!

って思うのだが、車は狭いし、自転車は荷物だし、なんせ道路がせせこましい。

なので徒歩に戻るのである。

道端のカンバスを眺めているとあっという間なのである。

プラスチックみたいな蕾がさ、



開くと、色ついたチリ紙みたいに柔らかい花びらしてんだよね。




健康アプリを覗いたら、毎日平均8キロ歩いている。
多いのか少ないのか。


毎度、身体の構造に発見があって、仮説を立てながら筋肉が緩む、深まる方向を探るのだが、

いざ、正解らしい位置にくると、

仮説とは若干違っていて、

身体のことなど何も知らなかったことに気づくのである。


ストレッチに関しての持論なんだけど、
筋肉は、順番に反応する。
ハショられることはない。

だから、フォーカスしたい場所にアプローチする前に、そこに辿り着ける条件を揃えなければならない。

あ、それがアライメントか。

ピラティスを学ぶと500万回出てくる。

……

周りの玄人っぽいアスリートをみると、筋肉が盛り上がっていて、カッコよく、目に見える結果を出している。

それを横目にすごいなと思うのである。


そもそも条件が揃ってるってこと?

うん、揃ってるっぽい。

(つまり、歪みが少ない。)



真似したこともあったが、

筋がどーのこーの、

身体の負担がどーのこーの、と手を止めては


続かないのである。笑


バレエのバーレッスンも早すぎて、ストレスだったので今さらながら動きを解体している。

……



なので、何があろーが、やる!



という強い意志ほど、

願望を現実化させる力に勝るものはないのだと思うし、

それにあわせて肉体もトランスフォームのスイッチが入るのだと思う。


シンクロ率ね。


そんな意味では、ワシは分析に左脳を使いすぎて、

エイヤー!的な、右脳的爆発力は少ないのであろう。

そこから産み出されるものはアートの感動があるのかしら、

爆発がほしいよね、


ってポツリポツリ思うのだけど。



そんな意味で、岡崎体育さんの盛り上がりは

なんだか応援したくなります。笑


広告を非表示にする