TABINIKKI

コガワジュンペイの活動日誌

転がるlife

前回の記事で、夕日に癒される的なこと書いたあと、アーユルヴェーダの本を読んだら、

同じような事が書いてあって、
自然現象などに感動する喜びのことをアーナンダ、と呼ぶんだそうです。

アーナンダだらけだといいね!って感じだけど、僕の場合はチラホラ見えるくらい。笑

浜を散歩してたら海があまりにも穏やかで、予定なかったけど、浮かんじゃいました。
パン1です。笑 砂だらけで帰りました。

水と戯れるとよく寝られるんですね。


でその夜、寝て、夜明け前、まどろんでる中で〜、オーストラリアはダーウィンに居た錯覚に陥って(そこにもう住んでて、起きなきゃ〜っていうやつ。)喜びっちゅーか、もうその場にいたので、これは何事と思った。

何でもないんだけど。笑

今日は〜、住まいの水道管の修理のために、追い出された私は、カフェでお茶したあと、

浜にきました。

ここは海と川が交わる地点です。

プカプカ浮いて、ゴリゴリの岩肌見て、読書して帰ったら、

顔が生き生きしている!笑

潮水で顔が突っ張ってたのかもしれない。笑
でも、結果オーライ。

耳栓しないで(音楽聴かないで)散歩するのもけっこういいです。ため息めっちゃ出て、帰宅するころにはリセットされます。

足し算するのではなく、フィルター掃除みたく引き算するの。

オススメです!

あと3日で旅行がはじまります!
またジャングルに行くんだけれども!

グヘヘへへへへへへへ