TABINIKKI

コガワジュンペイの活動日誌

理想は高温低湿。

石垣市の図書館行きました。

港が観光客で賑わっててびっくり。

シーズンオン。
スーパー暑い。
町歩きは Door to door。

目的はスウェーデンボルグという約300年前の貴族の本探し。

寝ぼけ眼で思いついた単語をググッたら出てきて、

その名前の響きにビビっときたのでした。

調べたら神秘主義の走り的な人だったらしくヘレンケラーとかドフトエフスキー、ゲーテなどに影響を与えたとか。
「霊界日記」を書いた人です。

でも、霊界一辺倒というわけではなく、自然科学にも造詣が深く、多才だったみたい。

ウィキペディアの内容からして怪しげなのですが、実際読んだら更に怪し……w

とりあえず、2冊パラパラ読んで、機が熟すのを待ちたいと思いました。
各惑星の住人の報告が面白いです。

惑星の変遷について著した本は他の方も書いておりまして、それがけっこう面白いですヨ。

信じる信じないはそれぞれだけど、例えば、自分たちが当たり前に見ている、SF映画のキャラのデザインと何らかの関連があったとしたらやっぱり、見過ごせないよね。

これ書いてるうしろ(バス車内)で突然スウェーデンの旅の話をはじめるおばさま達。。


ついでにみた「地球の歩き方」が楽しくて読み漁る。

ドイツの前哨戦として、寒い気候適応のためカナダにも住んでみたいとは思いつつ、

バンクーバーの気候みて諦めムードにw

温暖なカルガリーでさえ夏の平均最高気温が20℃って恐ろしや。。

やっぱりパースのような夏の平均気温が30℃で降水量が少ない都市が体質的には合ってるかなと。冬も東京の秋ぐらいだし。

もう2年まともに冬の生活してないことに気づく。おかげでわりとハッピィ。ほぼ半袖短パン。

名古屋の1月の数日はおそろしかったね。
厚着すると身体がこりだすのが一番イヤだわね。

歩き方、南イタリアとマルタあたりもみていてホクホクしました。ヴォォォンジョルノォォ。

以前行ったカターニャの地図もあって、今になってブラブラした場所の名前の答え合わせをする。

当時、道端で会った自称アンティーク商人の家に行って身に危険がなかったのは本当に幸運だったと安心すると同時に20代前半の無謀さったらないわ、、と反省。。

でも、本当に(ボロ)アンティーク商人だったので、エトナ山の溶岩でできたウイスキーボトルを買って帰りました!あと、真鍮でできたタンスの脚二本!←

その時の写真もあったけど、iTunesのバックアップナンチャラして消えましたぜ!
帰りのマンションエレベーターでドキドキしながら生還万歳記念自撮りしたのを今でも覚えてます。

朝、ベランダにイノシシ🐗ついに撮影!